13年使っていた炊飯器が壊れました。

まだ炊けるんですが、保温で置いておくとカピカピのカチカチになるんです。

ということで、新しい炊飯器を買うことに。

これから数年間は、我が家で最もお米の消費量が多くなると思い、10合炊きの炊飯器を買うことにしました。

スポンサードリンク

アイリスオーヤマって安くない!?

それにしても、炊飯器って高いんですね・・・驚きました。

私は特にこだわりはなく、炊けて保温が出来ればいいと思っていたので1万くらいが希望。

が、まさかの主人が「圧力IHがいい!」というこだわりが・・・

調べてみると、安くても3万越え。

5万、8万、中には10万越えもありました。

 

え・・・?炊飯器だよね??

 

こだわりのない私にとって、3万の炊飯器ですら理解不能。

「もっと安くないと困る。」と伝え、主人が見つけてきたのがアイリスオーヤマの圧力IHジャー炊飯器「米屋の旨み」(10合)

アイリスオーヤマ 炊飯器 10合

お値段は、2万以下という破格の安さ!!

そういえば、アイリスオーヤマって安いイメージがある。

なんでだろうと思い調べてみたら、「最初に販売価格を決めて、付ける機能を選別するから」だそうです。

不要なものは省き、本当に必要なもの、コレがあったら便利!というオリジナルの機能を価格内に収まるように付けている んですって。

原価から販売価格を決める他のメーカーとは逆の発想なんだとか。

なるほど。

色々機能はあっても、結局1度も使ってないってこと、よくありますよね。

無駄がないから安くできるんですね。

 

IHって?圧力って?何が違うの??

そもそもIHってなんでしょう。

これも、調べました。(買う時はとことん調べます)

まず、マイコンタイプというのが昔からある炊飯器のタイプで、釜の底が加熱して炊く仕組み。

それに対して、IHは釜全体が発熱します。

なので、熱伝導が均一になるのでムラなく炊けるんです。

しかも、この「米屋の旨み」は底+側面+ふたにヒーターが搭載されているので、釜全体を加熱する こだわりっぷり!

より炊きムラが少ないんですって。

そしてさらに圧力が加わると、普通の炊飯器より高温で炊くことが出来るそう。

高温で一気に炊くことで、ふっくらと甘みのあるご飯に炊けるんだとか。

口コミを調べたらすごく評判が良かったので、信じて購入!

 

【私的レビュー】使ってみたけど・・・めっちゃ良いよ!

とはいえ、破格に安い値段。

やっぱり不安はありました。

でも、使ってみると全然問題なし!

それどころか、この価格でこのクオリティーなら大満足!

サイズはデカいです

10合(1升)炊きですから。

炊飯器も大きいです。

今まで使っていた炊飯器(5.5合炊き)と比べると、こんな感じ↓

アイリスオーヤマ 炊飯器 10合※左:アイリスオーヤマ(10合炊き) 、右:5.5合炊き

※左:アイリスオーヤマ(10合炊き) 、右:5.5合炊き

トースターと並べると、こんな感じ↓

アイリスオーヤマ 炊飯器 10合

サイズは「幅313×奥行365×高さ271㎜、重さ8.1㎏」。

デカいだけじゃなくて重いです。

我が家は炊飯器を移動させることはないから問題ないですが、炊いたあと、食卓へ移動するって場合は大変そうかな。

お米が立ってる!しっとりふんわりで美味しい♪

第1回目は、とりあえず3合炊いてみました。

ここで小さな驚きが。

内窯も重い。

この炊飯器、ムラなくふっくら炊き上げるために厚さ約3.1㎜の極厚火釜なんです。

熱伝導を良くするためにステンレスとアルミの複層構造だから重たいんですね。

いつもの感覚で持ち上げると「重たっ!」ってなります(笑)

炊き具合はこんな感じ↓

アイリスオーヤマ 炊飯器 10合

うんうん、キレイに炊けてます!(つやつや~♪)

よ~く見ると。

アイリスオーヤマ 炊飯器 10合

お、お米が立ってるーーー!!!

「お米が立つ」ってコレかぁって感動しました(笑)

一粒一粒がふっくらしてて、”一粒の存在感がしっかりしてる”って感じ。

しっとりモチモチで、いつもより甘みが増してて美味しい!(白米だけでいける~!)

主人も「なんか全然違うね!」と嬉しそう^^

10合炊きだと、炊く量が少ないと美味しく炊けないかなって思ってましたが、2合でも同じように美味しく炊けましたよ♪

ちなみに、今は蒸気の出ない炊飯器もあるようですが、この「米屋の旨み」は蒸気が出ます。

アイリスオーヤマ 炊飯器 10合

なので、上部は30㎝以上あけないといけません。

保温中の釜に少しだけ残ったご飯もしっとり美味しさキープ

お茶碗一杯あるかないかの量が残っちゃうことってありません?

ラップで包んで冷凍しちゃう時もあるけど、次の日の朝食べるかもってなると面倒だからそのままにしちゃう。

表面が乾いたり、固くなっちゃうのが嫌だったんですが、そんな問題もなくなりました。

わずかに残ったご飯も、翌朝しっとりそのまま!

※残りが少ない時は中央に寄せて保温するといいんですって。

保温は、おいしく食べるためには「12時間以上はしない」と書いてあります。 ※最長は24時間

他のメーカーより保温目安時間は短いかなとも思いましたが、12時間以上することはないので問題なし。

もち麦入りも美味!

一時、流行りましたよね、もち麦。

食物繊維が豊富で腹持ちもいいからダイエットにいいって。

我が家はダイエット目的ではなく、このモチモチした食感と麦の味が好きで時々炊くんです。

「米屋の旨み」でもおいしく炊けましたよ^^

普通に白米で炊きました。

こだわり炊きの「食物繊維米」で炊いてみた

「米屋の旨み」のウリである、お米の個性を最大限に引き出して炊く”銘柄炊き”。

31種類の銘柄に対応していて凄いんですけど、それよりも気になったのが”こだわり炊き”の「食物繊維米」。

大腸で食物繊維と同じ働きをする難消化デンプンを通常の2倍に増加させる んですって。

便秘予防や血糖値上昇の抑制、血液中のコレステロール濃度の低下などの作用があるらしいんです。

なんか、すごい健康に良さそう。

「食物繊維」って言葉に弱い私は、もちろん試しました。

普通炊きより少しかために炊けるそうなんですが、確かに炊けた後に混ぜたら少しかたかったです。

アイリスオーヤマ 炊飯器 10合

食べた感じは、軽~いアルデンテな感じ。

芯が残るほどではないけれど、ちょいかため。

私はかため派なので、すごく好き♪

ただ、5合のお米を入れて炊飯ボタンを押したらコレ・・↓

アイリスオーヤマ 炊飯器 10合

190分・・・!?

まさかの3時間越え!!!

この日の夕食はかなり遅めになりました(笑)

「食物繊維米」で炊くときは早めに炊き始めましょう!

 

1つ気になったのが水の量

1つだけ気になったのが、水の量の目盛り。

アイリスオーヤマ 炊飯器 10合

 

5.5合炊きのより、目盛りが細かい!

「このお米は、ちょっと水多めで炊いた方が良いな」なんて時、ちょっと見ずらいです^^;

ま、慣れますけどね。

アイリスオーヤマ 炊飯器 10合

炊き方の種類が多いので、目盛りは2か所にありますよ。

 

お手入れ方法

お手入れは、内蓋を取り外して洗います。

アイリスオーヤマ 炊飯器 10合

内蓋取り外しボタンを引き上げると、内蓋が外れます。

アイリスオーヤマ 炊飯器 10合

内蓋は丸洗いできます。

数か所分解できるみたいだけど、まだやってません。

内蓋がないと本体の蓋が閉まらない仕組みなので、洗ったら乾くまで蓋は開けっ放し。

ちなみに、本体の蓋は取り外しできません。

内蓋も加熱するからヒーターが内蔵されてるって事ですよね。

水濡れ厳禁です。

溝も浅いので、拭きやすくてお手入れは簡単です^^

 

アイリスオーヤマってコスパ最高!この性能でこの価格はおすすめ

正直、お米の美味しさって食べ比べしてみないと分かりません。

今は高性能の炊飯器がたくさん出ていますしね。

我が家の炊飯器の条件はこの3つでした。

  • 安い
  • 美味しく炊ける
  • 圧力IHの10合炊き

これを全てクリアしたのが、このアイリスオーヤマの「米屋の旨み」でした。

明らかに以前使っていた炊飯器よりもおいしく炊けているし、なにより価格に感謝!

アイリスオーヤマ、すごいな・・。

良い買い物が出来ました~^^♪