パンの中でも特に好きなのがベーグル♪

あのモチモチした食感がたまらなく好きです。

私のモットーは「好きなものは自分で作ってお腹いっぱい食べる!」なので、ベーグルもちょくちょく作ります^^

ベーグルは発酵時間がすごく短いので、他のパンに比べて早く出来上がる時短パン。

食パンなどは5~6時間かかりますが、ベーグルはその半分ほどの時間で出来るんです。

短い時間で出来るので、思い立ったらすぐ作れちゃいます。

私が作るふわもちベーグルのレシピをご紹介しますね。

スポンサードリンク

もちもちベーグルのレシピ

材料

【プレーン】

  • 強力粉・・・500g
  • 砂糖・・・15g
  • 塩・・・10g
  • ドライイースト・・・3g
  • ぬるま湯・・・320㏄くらい

【チョコベーグル】

  • 強力粉・・・480g
  • ココアパウダー・・・20g
  • 砂糖・・・30g
  • はちみつ・・・20g
  • 塩・・・10g
  • ドライイースト・・・4g
  • ぬるま湯・・・320㏄くらい
  • チョコチップ・・・好きなだけ

作り方

1. ミキサーボウルに、材料を入れる

はちみつ・ぬるま湯・強力粉・ココアパウダー・塩・砂糖・ドライイーストの順に入れる。

※塩はドライイーストの働きを抑える作用があるので離して入れる。

パン作り ベーグル

2. ミキサーにかける(目安10分)

粉が飛び散るのでまずは低速で混ぜましょう。

パン作り ベーグル

ちょっと生地が硬めだったのでぬるま湯を足しました。

※水分は生地が混ざり切る前に足しましょう。

パン作り ベーグル

少しベタ付く感じがするけど、このくらいなら大丈夫。

パン作り ベーグル

だんだんキレイにまとまってきます。

パン作り ベーグル

この位になったOK!

パン作り ベーグル

チョコチップはこのタイミングで入れて1分ほど混ぜてください。

 

丸めなおします。

パン作り ベーグル

表面がキレイになるように丸めてボウルに戻してくださいね。

パン作り ベーグル

チョコチップ生地はこんな感じ。

パン作り ベーグル

 

3.一次発酵(30℃・40分)

ぬれ布巾をかぶせて発酵させます。

パン作り ベーグル

ベーグルは他のパンほど発酵させません。

10分くらい休ませるだけの人もいます。

でも、私は生地にフワッとさもほしいので1.5~2倍弱まで発酵させます。

パン作り ベーグル

4.10コに分割

10コに分割します。

生地全体の重さを計って10で割り、計りながら分割すると均等に分けられます。

パン作り ベーグル

表面がキレイになるよう丸めなおし、とじ目を下にしておきます。

 

5. ベンチタイム(室温・10分)

ふれ布巾をかぶせて、そのまま10分休ませます。

パン作り ベーグル

 

6. 成形

とじめを上にして綿棒で軽くのばします。(手の平でペシペシと叩いて広げてもOK)

パン作り ベーグル三つ折りにします。

パン作り ベーグルグッグと空気を押し出すように、生地を締めながら折りましょう。

パン作り ベーグル

三つ折りにしたら、上から中に織り込むようにして巻き、棒状にする。

パン作り ベーグル

チョコチップがはみ出てくる場合は、なるべく中にいれてくださいね。

パン作り ベーグル

とじ目はしっかり手でつまみましょう。

パン作り ベーグル

両手で転がして20㎝ほどの長さにしたら、とじ目を下にして片方を平たくします。

パン作り ベーグル

輪っかに丸めて、平たくした部分を覆いかぶせてつまんで閉じます。

パン作り ベーグル

とじ目を下にして並べます。

パン作り ベーグル

チョコベーグルはこんな感じ。

多少チョコチップがはみ出しちゃっていても大丈夫です。気にしない!

 

7.  最終発酵(30℃・20分)

オーブンなら30℃で20分。

室温が27℃くらいあれば、室内に20分おいておけばOK!

オーブンで発酵する場合は、霧吹きすると生地が乾燥しません。

パン作り ベーグル

※あとで茹でる時にクッキングシートを付けたまま鍋に入れるので、切っておくといいですよ!

 

室温で発酵させるなら、ぬれ布巾をかぶせておきましょう。

パン作り ベーグル

 

8. ゆでる(両面30秒ずつ)

お湯を沸かしてハチミツを入れます。(お湯1Lに対してはちみつ大さじ1)

パン作り ベーグル

お湯が多いとハチミツの量も多くなってで勿体ないので、底から3~4㎝くらいの量で大丈夫。

軽く沸騰しているお湯に、ベーグルをゆっくり入れます。

パン作り ベーグル

お湯が付くとクッキングシートは簡単に剥がせます。

剥がれない時はそっとお湯をかけるといいですよ。

30秒たったら裏返します。

パン作り ベーグルむっちりしてきていい感じ♪

チョコベーグルもこんな感じです。

パン作り ベーグル

表面に出てるチョコチップは溶けますが、気にしなくて大丈夫!

茹でたベーグルはさらにもっちり膨らみます。

パン作り ベーグル

 

※茹でた後おいておくと生地の温度が下がり表面がシワシワなってしまいます。

オーブンの予熱が完了してから茹でてください。

 

 8. 焼く(210℃・20分)

予熱したオーブンに入れて焼きます。

※オーブンを開けた時にオーブン内の温度が下がるので、高め(230℃)に予熱しておきましょう。

パン作り ベーグル

9. できあがり

パン作り ベーグル

パン作り ベーグル美味しそうに出来ました♪

パン作り ベーグル

表面のチョコチップもちゃんと残ってますよ^^

 

中はこんな感じ。

私は一次発酵を長めにしているので、フワッと感も少しあります。(普通のパンほどはないけれど)

パン作り ベーグル

生地の目もギューッと詰まった感じではありません。

もっと目の詰まった重い感じにしたい場合は、一次発酵の時間を短くしてくださいね。

自分好みのベーグルを作りましょう♪

 

茹でないとどうなるの?ハチミツはなしでもいい?

ベーグルは茹でることで発酵が止まるため、焼いてもそれ以上は膨らみません。

逆に茹でないで焼くと、普通のパンと同じようにふっくらと膨らむためモチモチ感が出ません。

ギュッと詰まったしっとりモチモチの食感は、茹でることでできるんです^^

 

そして、茹でる時のハチミツはパリッとしてツヤツヤの表面を作ります。

ハチミツありとなしで作ってみたので比べてみましょう!

パン作り ベーグル

全然ちがいますね。

【ハチミツあり】

パン作り ベーグル

表面がツルツルしていて艶があります。

 

【ハチミツなし】

パン作り ベーグル

ザラザラした感じでフランスパンみたいな見た目です。

ベーグルらしいツヤツヤ感を出したいなら、ハチミツは欠かせませんよ~。

 

ベーグル1コのカロリーは?ダイエットに良いって本当?

よく「ダイエット中でもベーグルなら安心!」とか言われていますが、それって本当なんでしょうか?

今回作ったベーグル1コのカロリーを計算してみました。

【プレーンベーグル】

  • 強力粉500g・・・1,770kcal
  • 砂糖15g・・・58kcal
  • 塩10g116・・・0kcal
  • ドライイースト3g・・・10kcal
  • ぬるま湯320㏄・・・0kcal

合計カロリー1,838kcal÷10コ=183.8kcal

プレーンベーグル1コのカロリーは約184kcalです。

 

【チョコチップベーグル】

  • 強力粉480g・・・1,700kcal
  • ココアパウダー20g・・・55kcal
  • 砂糖30g・・・116kcal
  • はちみつ20g・・・59kcal
  • 塩10g・・・0kcal
  • ドライイースト4g・・・13kcal
  • ぬるま湯320㏄・・・0kcal
  • チョコチップ100gとして・・・525kcal

合計カロリー2,468kcal÷10コ=246.8kcal

チョコチップベーグル1コのカロリーは約247kcalです。

 

6枚切りの食パン1枚のカロリーは158kcalです。

あれ??

プレーンベーグルでも食パンよりカロリーが高い!?

 

実は、ベーグルのカロリーは特に低いわけではないんです。

じゃあ、なぜダイエットに良いと言われているのか?

それは、卵やバターが入っていないため、脂質が低いからなんです。

最近、フワフワしっとりの生食パンが流行ってますよね。

パンをフワフワでしっとりさせるには、脂質や糖分が必要なんです。

ですので、生食パンには牛乳や生クリーム、バターなどの脂質と砂糖類の糖分が多く入っている可能性が高いです。

私も食パンを作るときは牛乳、砂糖、卵、バターを入れます。

ダイエットの敵である脂質と糖分の少ないベーグルの方がずっとヘルシー なんです。

また、モチモチと弾力のある生地なので、普通のフワフワのパンに比べて噛む回数が増えます。

そのため満腹感を感じやすく腹持ちもいいというメリットもあるんですよ^^

 

ただ、注意してほしいのはダイエット中にベーグルを食べる場合は、プレーンベーグルじゃないと意味がないということ。

チョコベーグルは脂質も糖分もバッチリ入ってますから、ここは落とし穴でしょう。

チョコやチーズたっぷりのベーグルは全くヘルシーではありません^^;

 

おすすめの食べ方はベーグルサンド!

外はパリッ、中はふわモチ!

そのままでもモチロン美味しいベーグルですが、おすすめはサンドイッチ!

ベーグルの本場ニューヨークではベーグル専門店がたくさんあって、好きな具を選んで挟むそうです。

甘いものからしょっぱいものまで、ベーグルは何にでも合うから食べ方も無限にあります。

 

私が好きな具は、プレーンベーグルならツナ!

ツナマヨサンドが大好きです^^

キュウリやレタスがあるとなお良し。(↓冷蔵庫が空で・・・)

パン作り ベーグル油を切ったツナ缶にマヨネーズ、塩、白コショウ、パセリ、ケチャップ(少し)を混ぜるだけ。

このケチャップがポイントなんですよね~。

ツナマヨをご飯に合わせるならしょうゆ少々、パンに合わせるならケチャップ少々をプラスするとグッと相性が良くなります。

お試しあれ^^

 

チョコベーグルに合わせるなら断然クリームチーズ!

クリームチーズ+ハチミツやジャムをサンドするのが一番好きです♪

あとはピーナツバターも最高!

 

ハム、オムレツ、ポテサラ、ハンバーグ、ローストチキンなどのサンドイッチ定番の具はもちろん、

きんぴらごぼうやコロッケ、焼き肉のたれで炒めたお肉などの和風もイケます。

とにかくベーグルに合う具のバリエーションは無限なんです^^

 

また、ベーグルを半分に切ってチーズをかけて焼くだけも美味しいですよ。

 

おいしいベーグルを作ってオリジナルの食べ方を探してみてくださいね^^