朝食はパン派の我が家。

さらに、私がお菓子やパンを作るのが好きなのもあって、バターを結構使います。

スーパーで売っている200gのバターだと無くなるのが早いんです。

そこで、450gの業務用の大きさのバターを買い始めました。

でも、使い始めて思ったのは。

「いちいち包装紙から剥がして使うの面倒くさい・・・」

ということ。

そこで、450gのバターが入るケースを探し始めました。

意外と種類が無いものなんですね。

スポンサードリンク

 

条件は「軽い・密閉・おしゃれ」の3つ

私の中で、バターケースに求める条件は3つ。

軽い・・・小さい子供でも持てるように

密閉・・・バターは空気に触れると酸化して味が落ちてしまうため

おしゃれ・・・テーブルに出してもおしゃれなものが良い

これだけなんですが、意外と見つからない。

450g用のバターケースを探し始めて、まず出てくるのが野田琺瑯です。

蓋が木製で抜群にお洒落♪

テーブルに出しても絵になりますよね~。

しかし、2,700円~3,000円とお高い・・・

デザインは大好きなんですが、実物を見に行き手に持ってみると結構重いんです。

あと、蓋にパッキンが付いていないので、蓋を乗っけている感じ。

これは小さい子供がいる我が家では危険!

絶対に落とします。

割ります。

3,000円ものバターケースを割られた日には作り笑いも出来ないであろうと思い、候補から外しました。

他にもお洒落なデザインは木製が多く、密閉に欠けるため気に入ったのが見つかりません。

そこで、木製は諦めることにしました。

 

琺瑯の保存容器が優秀で種類が豊富だった!

木製を諦め、次に目を付けたのは琺瑯。

野田琺瑯の蓋は木製ですが容器は琺瑯です。

ケースが重いのも密閉されていないのも蓋が木製だからであって、だったら蓋が木製じゃなければいいのだと気付きました。

ちなみに琺瑯とは、鉄やアルミニウムなどの金属の表面にガラス質の釉薬(うわぐすり)を高温で焼き付けたものだそうです。

しかも琺瑯は、「匂い移りがしにくい」「酸や塩分に強い」「殺菌の繁殖を防ぐ」「直火・オーブンOK」なので保存する食材を選ばず、そのまま調理も出来る、とっても優秀な材質なんです。

見た目もシンプルで、丸みのある形がすごく綺麗ですよね。

ホワイトボード用のマーカーで直に書くことも出来るそうなんです。

中身を書いておいて、空になったらすぐに消せるんですって!

これは知らなかったので、ビックリです!!

すっごい便利ですよね。

 

野田琺瑯でも、容器が琺瑯で蓋が”シール蓋”という樹脂製の密閉した蓋の容器が何種類かありました。

でも、450gのバターがピッタリ入るサイズはないんです。

450gのバターのサイズは大体12.5㎝×6.5㎝×6㎝です。

出来ればスペースに無駄のないように、ピッタリ入るものが良かったので夜な夜な探すこと数日・・・

見つけました~!!

450gのバターにピッタリのサイズ!

琺瑯でシール蓋付だから、「軽い・密閉・おしゃれ」の3つを満たしたケース発見!!

しかも、お手頃価格♪

デザインも色々!富士ホーローはバター450gがピッタリ入る!

やっと見つけたピッタリサイズ!!

富士ホーローというメーカーです。

富士琺瑯 琺瑯容器 バターケース

バター12.5㎝×6.5㎝×6㎝に対して、ケース14.5㎝×9.5㎝×7.5cm。

多少の余裕は必要ですからね。

Honey ware コンテシリーズ」の深型角容器Sのリリーホワイトという色です。

 

ついでに、200gのバターが入るケースも一緒に購入しました。

パンやお菓子作りには無塩バターを使うので、使い分けているんです。

富士琺瑯 琺瑯容器 バターケース

こちらも同じ「Honey ware コンテシリーズ」で、浅型角容器Sのリリーホワイトです。

富士琺瑯 琺瑯容器 バターケース

富士琺瑯 琺瑯容器 バターケース

シンプルで可愛い♪

富士琺瑯 琺瑯容器 バターケース

 

富士琺瑯 琺瑯容器 バターケース

 

琺瑯のここ!

富士琺瑯 琺瑯容器 バターケース

分かりずらいですが、この端の金属部分が出てるところが、素敵でたまらない。

 

さっそく、バターを入れてみることに。

 

!!!

 

富士琺瑯 琺瑯容器 バターケース

ピッタリ~!!

この為に作られたのではないかという位、ピッタリです!(200gのバターは端っこをちょっと使ってありますが、少しなので問題ありません。)

富士琺瑯 琺瑯容器 バターケース

 

ピッタリはハマりませんが、重ねられます。

富士琺瑯 琺瑯容器 バターケース

私は、こちらのお店で買いました↓

 

 

琺瑯容器を使う時の注意点!

メリットの多い琺瑯容器ですが、デメリットもあります。

  • 電子レンジは使用不可!
  • 傷つきやすい!

オーブンや直火はOKなんですが、ガラス質の下は金属ですので電子レンジは使えません。

電子レンジが壊れたり、火花が出て火事になる危険性があります。

 

また、表面はガラス質ですので、衝撃に弱く傷つきやすいです。

傷が付くとサビが付きやすくなりますので、使う時はちょっと注意が必要ですね。

 

うちでは、バターを取る時は木製のバターナイフ(100均です^_^)を使ってます。

この方が可愛いし傷が付かないので、一石二鳥!

富士琺瑯 琺瑯容器 バターケース

いいの、見つけちゃいました!

富士琺瑯 琺瑯容器 バターケース

他にも色々なサイズがあるので、容器をこのシリーズで揃えたら、冷蔵庫の中もスッキリ綺麗になりますよね。

ちょっとづつ集めたい!